消費者金融の系列について

消費者金融はたくさんあるのですが、
現在のところはいくつかの系列に分けられています。

具体的には、メガバンクを中心として系列が作られていると言えるでしょう。
消費者金融とは行っても金融サービスの一種ですから、その中心となるのは銀行です。

金融サービスでは資金不足になった時に、
迅速に借入を行わなければならない場合もあります。
そのために、銀行がバックについていると経営がやりやすくなります。

銀行との提携が進んだ

また、銀行側の事情もあります。景気の悪化によって資金需要が減り、
銀行の収益源が小さくなってきたと言えるでしょう。

低金利も大きく影響しています。
銀行が収益源としての投資先を確保するために、
消費者金融に出資したという経緯もあります。
完全子会社化された消費者金融もありますが、大株主が銀行となった消費者金融もあります。

このように銀行の系列にグループ化された背景には、
消費者金融の経営悪化が大きく影響しています。
かつては消費者金融も非常にたくさんあったのですが、
景気の悪化や法律の改正などによって経営がかなり悪化したのです。

資金繰りの悪化した消費者金融もあり、中には破綻したものもあるのです。
これらの消費者金融を救ったのが銀行です。
収益源となる投資先を求めていた銀行と、
資金繰りに苦しんでいた消費者金融との利害が一致したために、
銀行の子会社となったり、あるいは銀行のサービスの一部となったりして
生き残ってきたものが現在存続しています。

淘汰された消費者金融

このようにして系列が形成されるようになり、
現在では市場は広がっているにもかかわらず、数はかなり減ってきていると言えるでしょう。

いくつかの消費者金融が銀行の子会社となって合併すると言うことが行われたのです。
これによって規模のメリットを受けることができるようになり、
現在のところは多くの消費者金融が安定した経営を続けていると考えられます。
規模のメリットとは、例えば設備の共有や、新たな投資資金の確保などです。