消費者金融のコマーシャルの変遷について

消費者金融が積極的にコマーシャルをするようになったのは
1990年代からだと言われています。
現在では三菱ufjフィナンシャル・グループなどcm云々で大手という
イメージではなく既に大手という印象がありますが当時はテレビコマーシャルによって、
それまでの消費者金融のネガティブなイメージを払拭したと言えるでしょう。

知名度の高い芸能人がコマーシャルに使われるようになると、
消費者金融はより身近になり、ハードルは非常に低くなったと考えられるのです。

ある程度の規制も

これによって消費者金融業界は全体として盛り上がったと考えられます。
しかし、日弁連などがテレビコマーシャルの中止を求める意見書を提出したことから、
夕方から夜にかけて放送されないようになりました。

また、警告表現がないものは放送できなくなったのです。
その後は、さらに放送に関する規制が強くなり、
それぞれの消費者金融は月間で100本までしか放送しないようになったのです。

「ご利用は計画的に」という表現を覚えている人も多いと思いますが、
これは比較的古いものだと言えるでしょう。
これくらいの文章が掲載されることで警告としていたのですが、
その後はさらに厳しい警告を出すようになりました。

なぜかというと、消費者金融を利用して債務整理に発展したり、
あるいは過払い請求が行われたりするようになって、色々な問題が表面化してきたからです。

新聞や雑誌、インターネットなどにも

消費者金融のコマーシャルはテレビだけではありません。
新聞には古くから掲載されていました。

特に、スポーツ新聞には 多く掲載されていたと言えるでしょう。
大手だけではなくて中小の消費者金融も掲載しています。

当初は、全国紙にはあまり多く掲載されていなかったのですが、
消費者金融の中でも東証一部に上場するような企業が現れ、
積極的なコマーシャル活動を行ったことから、全国紙にも掲載されるようになります。
そのほか、雑誌にも掲載されています。

女性専用のサービスが女性誌に掲載されるなど、
色々な方法で消費者金融はコマーシャル活動を続けています。
現在のところは、インターネット広告がかなり増えてきていると言えるでしょう。

露出が多ければ多いほど良いというわけでもないですが即日 融資 キャッシング
どこを選ぶべきかと問われればなるべく露出をしているところが良いでしょう。
インターネット広告だけじゃなくTVCMや電車のつり革などしっかりやっている
消費者金融のほうが大手ですから安全です。