結婚式の祝儀ですがキャッシングして良かった

はじめてキャッシングを意識したのは、もっと前のことですが、
実際にキャッシングを利用したのは友人の結婚式の祝儀の為でした。

恥ずかしい話ですが、祝儀に出す数万円のお金がなかったのです。
だからと言って友達の結婚のご祝儀を出さないわけにも行きません。
誰かに借りるといっても、簡単に貸してくれそうな人もいませんし、
数万円のことで頭を下げたり借りを作ったりするのも良いとは思えませんでした。

大手業者の営業所で申し込み

そこでキャッシングを利用してみることにしました。
申し込んだのはよく広告を見かける大手の消費者金融です。
消費者金融には何となく恐いイメージがあったのですが、今回は借りる額も小さいし、
いくら貧乏でも返せなくて大きな借金に膨らむと言うこともありえないと思ったので、
思い切って行ってみました。行ったのは普通の営業所で店員の人がいるところです。

あっけないほど簡単に借りることが出来ました。
持っていったのは身分証明書として運転免許書、そして認印だけです。
待っている間にキャッシングカードもできて、外のATMで借入することが出来ました。

キャッシングは今回だけと思っていたので、契約の限度額も小さくていいと持ったのですが、
もう少し大きくしたほうがいざと言う時便利ですよというので、
50万円にしました。そしてご祝儀代だけATMから引き出して帰りました。

予定外の出費の時、なくてはならないもの

その返済は翌月全額返済したのでうすが、ATMでは金利の計算上
完済できないみたいなので次の月も返済しました。
しかしその月には予定外の出費があり、結局また借りることになってしまいました。
その後数万円のお金を借りては返すことを繰り返して今に至ります。

沢山借りる事はなかったのですが、ずっと利用しています。
つまりこれは私にはキャッシングが必要だったんだなと
今思えばはっきりいえます。生活がギリギリすぎるのが悪いのですが、
キャッシングがあるおかげで、何とか困らずに暮らしていけてます。
あの時キャッシングを契約して本当に良かったです。